プリンタってどうして印刷できるの?(カラーレーザー版)

ブラザー資料室 Brother Library

プリンタってどうして印刷できるの?(カラーレーザー版)


こんにちは。ブラザーの中居です。

f:id:brotherblog:20050805182323g:image

カラーレーザーの仕組みのお話の前に、まずは色のお話から始めましょう。


色はマゼンタ・シアン・イエローの3原色からなりたっています。

f:id:brotherblog:20050810162153j:image

つまりこの3色を組み合わせることで、様々な色を表現することができるわけです。例えば下の絵を見てください。

f:id:brotherblog:20060112184505j:image

このイラストを印刷する時、カラープリンタは


  • シアンとマゼンタを使って青の花を表現し、
  • シアンとイエローを使って緑の草を表現し、
  • マゼンタとイエローを使って赤の太陽を表現するわけです。

真っ黒な猫は3色を組み合わせることでも表現できますし、黒のトナーやインクを使って、より黒く表現するプリンタもあります。


ですからMFC-9420CNコチラのように、4色のトナーが消耗品として用意されているんですね。


ではMFC-9420CNのようなカラーレーザープリンタはどのように、印刷を行っているのでしょうか?


レーザープリンタの印刷のおさらい


その前にまずはレーザープリンタの印刷の仕組みのおさらいです。レーザープリンタはまず印刷する絵(版)をドラムと呼ばれる筒の上につくりました。

f:id:brotherblog:20050906182606j:image

f:id:brotherblog:20050406180027j:image

その版を作るためにレーザー(光)を使うので、レーザープリンタと呼ぶんでした。


そしてその後、版(ドラム)に墨(ブラックのトナー)をつけ、紙にその墨を移し変えることでモノクロ印刷はできあがっていたわけです。

f:id:brotherblog:20050906182644j:image

f:id:brotherblog:20050906182803j:image


カラーレーザープリンタもそれにそっくりです。カラーレーザープリンタは、4色の色をつかってフルカラーの版画をしていると考えていただければわかりやすいでしょうね。



f:id:brotherblog:20060112184505j:image


まず、このイラストを印刷する場合、プリンタはマゼンタ、シアン、イエロー、ブラックという情報に分解し、それぞれの色で版画の版をつくるんです。


f:id:brotherblog:20050810162153j:image


先ほどお話したとおり、プリンタはシアン、マゼンタ、イエロー、そしてブラックという4つの色のトナーを使って、様々な色を表現します。ですから、上のイラストをまず分析し、どこにそれぞれの色を塗るのか、分けて考えるわけです。*1


f:id:brotherblog:20060116194953j:image

シアンの版


f:id:brotherblog:20060116195019j:image

マゼンタの版


f:id:brotherblog:20060116195041j:image

イエローの版

f:id:brotherblog:20060116194934j:image

ブラックの版


これらの4つの版にそれぞれ色をつけ、紙に移し替えることで...、

f:id:brotherblog:20060112184505j:image

このようなカラーの印刷ができるわけです。


モノクロレーザーとは異なる点


ただモノクロレーザープリンタはドラムと呼ばれる筒の上に版を作りましたが、MFC-9420CNはベルトの上に版を作ることに特徴があります。


ではそのベルトの上に、シアンの版を作るところを見てみます。



1.帯電


まずこのように版ができるベルトに電気を帯びさせ...

f:id:brotherblog:20060119113949j:image



2.露光


シアンのトナーが乗る部分にだけ、光を照射します。すると...

f:id:brotherblog:20060119101625j:image

光があたった部分だけ、電圧が落ち、シアンの版ができあがるわけです。



3.現像


そこへ同じく電気を帯びさせたシアンのトナーを近づけてみます。すると...

f:id:brotherblog:20060119101723j:image

ベルト上に作られたシアンの版の上に、静電気の力を利用して、シアンのトナーが移動するわけです。これでベルト上にはシアンの絵が完成します。

f:id:brotherblog:20060116194953j:image



4.転写


ここで一旦シアンの絵は別のベルト*2に絵がくずれないようにしたまま移しかえて仮り置きします。

f:id:brotherblog:20060119113211j:image

ここで別のベルトに移し変えるときに絵は反転して移しかえられます。

f:id:brotherblog:20060119195412j:image

このようにすることで、もとのベルトの上はキレイさっぱりになり、他の色のトナーを載せることができるようになるわけです。



繰返し


では次にマゼンタです。シアンと同じようにベルトの上に、マゼンタの絵になる部分にだけ光をあてます。するとその部分に静電気の力を利用して、今度はマゼンタのトナーが飛び乗ります。

f:id:brotherblog:20060119113316j:image

このマゼンタのイラストをシアンの時と同じように、そっくりそのまま次のベルトに移し替えてあげます。するとそのベルトには既にシアンの絵がついていますから...

f:id:brotherblog:20060119113453j:image

このように、シアンと、マゼンタ、そして二つの色が組み合わさったブルーのイラストができあがるんです。


同様にイエローもブラックもこの作業を繰り返すことで、ベルトの上には

f:id:brotherblog:20060118182429j:image

もともと印刷したかった絵の裏返しができあがります。*3



5.定着


これを紙に移し替え、熱と圧力をかけて、紙からこぼれ落ちないようにするとカラー印刷の完成ですね。

f:id:brotherblog:20050406125156j:image


紙にはこのように印刷されます。

f:id:brotherblog:20060112184505j:image



ここで、MFC-9420CNの印刷速度を見てください。



MFC-9420CNは1分間にモノクロは最高31枚、カラーは8枚印刷できます。カラー印刷の約4倍のスピードでモノクロ印刷ができていますね。モノクロ印刷はカラー印刷のように4回同じ作業(4サイクル)せず、1回の作業(1サイクル)だけで印刷できるので、約4倍印刷が早いんですね。


なんとなくですが、カラーレーザープリンタってどんなものか、ご理解いただけましたでしょうか。カラーレーザープリンタの仕組みを少しでもお客様に知っていただくことで、安心してお使いいただけるといいですね。*4




編集:2006年10月23日


このトピックは2006年1月16日,19日のブラザー社員のブログを再編集したものです。

*1:色の分解の仕方には様々な方法があります。

*2:実際にはフィルムです

*3:各色の重ね合わせの順番はモデルによって異なります。

*4:カラーレーザープリンタには上の方法とは異なるいくつかの方法がありますが。