プリンタにお勧めの紙があるのをご存知ですか?

ブラザー資料室 Brother Library

プリンタにお勧めの紙があるのをご存知ですか?


こんにちは。ブラザーの上田です。プリンタをお使いいただく時、必ず必要となる紙。ここでちょっと紙の豆知識です。プリンタや複合機にはお勧めの紙はあるんでしょうか?

 f:id:brotherblog:20050412171928:image

インクジェットプリンタは紙の性質によって、画質に大きく影響を与えますが、、レーザープリンタなら、普通紙と呼ばれる紙で十分きれいに印刷できます。。普通紙でもシャープな印刷ができることがレーザープリンタの特徴の一つなんですね。



今日では紙の種類も増えてきたので、紙の説明もしながら、各プリンタにお勧めの紙をご紹介したいと思います。


紙には大きく分けると、普通紙、コート紙、光沢紙なんてのがあります。インクジェットプリンタをお持ちのお客様が多いと思いますから、まずインクジェットプリンタと紙の関係からはじめたいと思います。


インクジェットプリンタについて


普通紙


まずは普通紙からです。

実は人の目には平らに見える紙なんですが、、繊維の集合体である紙の表面は決して平面ではないんですね。。こんな感じです。

 f:id:brotherblog:20050412203229:image


インクジェットプリンタは文字通り、インク(液滴)を飛ばして紙に吸収させるのでこの吸収によってインクは紙の中深くまで染み込んでいきます。


このインクに光が当たり、反射されてくることで、人は用紙に色がついたことを認識します。けれど紙の中深くまで染み込んでしまったインクは、紙の繊維が邪魔をしてしまい、光が当たりにくくなっていたり、反射光がさえぎられたりしてしまうんです。ですから、紙の中深くまでインクが染み込む普通紙のような用紙だと、あまり色が着いていないような、褪せた色の様に見えてしまうんです。。

 f:id:brotherblog:20050412172003:image (断面イメージ)


コート紙

次にコート紙です。コート紙っていうのはさっきの普通紙の表面を文字通り、コーティングしているものです。簡単に言うと、この絵のように2層構造でできているんですよ。このコーティングしてある部分がインクを吸収するようにできています。

 f:id:brotherblog:20050412172023:image


ですから、普通紙より短い時間でインクが紙の中に入っていくんですよ。さっきの一つ前の絵のように、紙の表面にインクが留まっていると、インクは紙の表面にそって、横へ横へと広がっていってしまういます。。これが、インクのにじみとしてみえるんですよ。


紙の中にインクを速く吸収できるということは、この横への広がりを防止することになり、エッジの綺麗なシャープな絵をつくることができます。。インクを如何に速く吸収するか?は、インク用紙を作る上での重要な設計ポイントなんですよ。


また、このコート層。僕らには白く見えるかもしれないけど、実は無色透明。だから、コート層に吸収されていて、紙のベース層の手前までで留まっているインクには、きちんと光が当たって、その反射光も遮られることがない訳なんです。。紙の中に染み込んでしまう普通紙よりも、非常に濃い鮮明な色が再現できるのはそのためです。


光沢紙

次に、光沢紙です。写真を印刷するのに光沢紙を使う人も多いかと思います。光沢紙にもいろいろあるけど、上のコート紙をキャストドラムと呼ばれる鏡面仕上げのローラで平らにしているものが多いです。

 f:id:brotherblog:20050412174944:image


このように表面が平らになるからこそ、光が反射しやすくなってツヤツヤの光沢感がでるってわけです。


インクジェットプリンタと紙っていうのはこんな感じで切っても切れない関係にあるんですよ。。まさに紙(髪)は長い友です。。各メーカーさんはそれぞれの推奨紙というのをもっていることが多く、基本的にはこの紙で一番きれいに印刷できるようにプリンタを設計しています。。ですからインクジェットプリンタの紙選びというのはとても大切なんです。


一方、レーザープリンタはというと、あまり紙を選ばないことに特徴があります。




レーザープリンタについて

レーザープリンタの印刷の仕方をおさらいしますと・・・まず紙にトナー(粉)を載せます。

f:id:brotherblog:20050406124140:image

そして熱と圧力を加えることで、トナーを紙に定着させます。。


f:id:brotherblog:20050406125156:image


そうすると、こんな風に紙にトナーが定着して印刷が完成します。。


f:id:brotherblog:20050413173500:image

(トナー)


上のインクの話と比べてもらえばお分かりいただけるとおり、、紙の中ほどまでトナーはしみこまないですよね?。

f:id:brotherblog:20050412172003:image

(インク)


ですから普通紙であっても、色材(トナー)に照射される光が遮られることがなく、鮮やかで濃い色として人の目には見えるんです。さらに、トナーはインクの様に多量な水分の中に溶けているわけではないので、紙に染み込まず、「にじみ」が発生しません。。だからこそシャープな文字や絵が安価な普通紙に印刷できるんです。


多くのオフィスでレーザープリンタが使われている理由のひとつがこの鮮明な文字や絵がすばやく印刷できるというところにありますね。。

ところで近頃、グラビアのような印刷をレーザプリンタでもしたい!というお客様の要望にこたえるために、レーザ用の光沢紙っていうのも発売されてきました。。これはインクジェットの光沢紙の様に光沢感を高めるコート処理を施して、高級感をだそうとしているんです。。


ただ、繰り返しになりますが、レーザープリンタはトナーを紙に定着する時、熱を使います。すると、紙に含まれる水分が急に蒸発するんですよ。


そうすると、蒸発した水分が紙上のコート層を突き破るなんてことも起きる。折角コート層を設けて平らにした用紙の表面が凸凹になってしまい、光沢感が台無しになってしまいますよね。そんなわけで、レーザー用光沢紙のコート層には、蒸発する水分を高速に通気する機能が求められてきているんです。。


インク用の紙は如何に水分を吸収するのか、そしてレーザ用の紙は如何に水分を通すのか?といったことに苦労しています。。視点はちょっと違うけど、『如何に水分をコントロールするのか?』が大切な点として考えられているんですね。。


とはいってもレーザープリンタはお店に売られてる普通紙でも十分綺麗に印刷できるのでご心配いりません。。このレーザー用光沢紙というものは、どちらかというとカラーレーザープリンタで写真を印刷する人向けにつくられているものですから。。一般の印刷なら、普通紙でも十分綺麗に印刷できますよ。最近はレーザープリンタもめっきりお買い得になってきたから、モノクロ中心の印刷ならモノクロレーザープリンタもお勧めですね。


お客様が紙を選ばれる時の、何かのお役にたてればうれしいです。



編集日:2006年10月23日


このトピックスは2005年4月12日,13日のブラザー社員のブログを再編集したものです。