無線LANを使う時の豆知識(WEP編)

ブラザー資料室 Brother Library

無線LANを使う時の豆知識(WEP編)


こんにちは。ブラザーの大塚です。

f:id:brotherblog:20050302180047j:image


最近はパソコンを無線LANでお使いのお客様も多いと思いますが、無線LANも電波で通信しているんですよね。


でも電波を使うからこそ...


『メールのやり取りやパソコンとプリンタ等とのやり取りが傍受されてしまうのでは?』


なんて不安もあるかもしれません。


そこで少しでもその傍受を防ぐために、WEPという技術が開発されました。今日の雑学は『WEP(ウェップ)って何?』をお話しさせていただこうと思います。


『WEP』とは、Wired Equivalent Privacyの略で、日本語に訳すと


『有線でパソコンをインターネットに繋いだ時と、同等の安全性ですよ。』


という意味になります。ではその安全性はどのように実現しているのでしょうか?


WEP技術


パソコンやプリンタを無線でご利用になるには・・・

f:id:brotherblog:20060407192317j:image


このイラストのように、アクセスポイントにつなげます。パソコンやプリンタはアクセスポイントを通じて、インターネットに接続したり、メールをやり取りしたり、印刷命令を受信したりするんですね。


でも、もしアクセスポイントに部外者の侵入を取り締まる『関所』があればどうでしょうか? 関所が取り締まってくれれば、部外者がお客様のネットワークの中に侵入することはできませんよね。無線でパソコンをインターネットに接続する時に、アクセスポイントは関所の役割もしているんですね。


この『関所』の機能を『認証』といいます。その関所を通るための通行許可証がWEPキーと呼ばれる番号なんです。


アクセスポイント=関所

f:id:brotherblog:20060407192316j:image


関所のアクセスポイントは通行許可証を持っているパソコンしか通してくれません。無線LANでパソコンをお使いのお客様は、こんな画面で通行許可証を発行したことがあるかもしれません。


f:id:brotherblog:20060407193051j:image


お客様が無線でインターネットに接続する時、関所であるアクセスポイントがパソコンに通行許可証を求めてくるので、

f:id:brotherblog:20060407192314j:image

関所:『止まれ、通行許可証が無いと、通してあげないよ!』

f:id:brotherblog:20060407192309j:image

パソコン:『これが目に入らぬかぁぁぁ』


ってな感じで、通行許可証の右上にあるような、番号をパソコンに覚えさせているんですね。


暗号化


関所のアクセスポイントは通行許可証を確認するだけではありません。アクセスポイントは暗号化も行うんです。


先ほどお話したとおり、アクセスポイントはパソコンやプリンタに電波を送って通信を行います。その電波はラジオと同じように、誰でも傍受できてしまいます。でも関所のアクセスポイントはその電波を暗号化するんです。

f:id:brotherblog:20060407192313j:image


ですから回りの人は電波が飛んでいることはわかっても、どんなことがやり取りされているのかはわからないんです。


通行許可証は暗号を解く鍵にも利用されるので、通行許可証をもっているパソコン達はアクセスポイントの暗号が理解できるんですね。


同様に、パソコン達もアクセスポイントに向かって暗号化して電波を送るので、部外者には秘密で通信を行うことができるんです。


ラジオと同じように電波を使った無線LANなのですが、WEPという関所と通行許可証のおかげで、完璧ではないもののプライバシーを高めることができるんですね。


安全な通信を行うためのセキュリティの技術は日々進歩しています。一方で、そのセキュリティをかいくぐる技術も日々生み出されています。最近ではWPAやWPA2といった新しい認証・暗号化技術も一般的に利用されるようになりました。


ブラザーの無線LAN対応製品も、これらの認証・暗号化技術に対応しています。またこれらの設定を簡単に行っていただけるソフトウェア(セットアップウィザード)もご用意しております。お客様に安全に、快適にプリンタなどを使っていただけるといいなあと思います。



編集日:2006年10月23日


このトピックスは2006年4月07日のブラザー社員のブログを再編集したものです。